軽いボトルのウォーターサーバー

2017-06-27

ウォーターサーバーのボトルは、平均すると12キロくらいの重さがあります。もちろん直ぐに水がなくなってしまうのも面倒です。それでも独り暮らしの女性や高齢者など使用頻度が低いのであれば、軽いボトルを選んでみましょう。

●フレシャスはボトルの重さが7キロです
フレシャスは、ウォーターサーバーの業界内でもチャレンジ精神旺盛な会社です。まずは軽量ボトルを採用した点です。7.2リットルや9.3リットルのボトルが提供されています。もちろん使い捨て式なので、交換日までの設置スペースが不要です。

また外見がコーヒーメーカーのような形をした卓上型サーバーもあります。見た目がおしゃれだし容量は4.5リットルと少なすぎず多すぎずの便利なタイプです。キッチンやリビング、そして寝室にも置けるので高齢者や独身女性には嬉しいですね。

●プレミアムはボトルがそのまま使えます
プレミアムウォーターの一般的なサイズは12リットルです。そのため単身世帯などでは飲み切るまでに時間がかかってしまいます。そんな不安に応え、7リットルボトルを始めました。交換しやすい点と合わせて、いつでも新鮮な水が飲めます。

プレミアムウォーターでは、10リットルのバックインボックスも提供しています。これはボトルに直接蛇口を付けられます。サーバーが不要になるため、キッチン台やテーブルの上に置けたり、キャンプなどのアウトドア時に持ち出す、非常用としても重宝します。

●富士桜命水も直接使えます
富士桜命水も通常は12リットルボトルです。しかしこちらも直接給水コックを取り付けることでダイレクトに使うことが可能になります。災害時の停電でウォーターサーバーの本体が使えなかったらどうしよう。そうした不安を払拭できるでしょう。

●業界最軽量はフレールか
業界最軽量と言われているのがフレールの6.2リットルバッグです。一般的なウォーターサーバーの約半分です。ビニール素材なのでコンパクトに捨てることができます。意外に面倒なのは段ボールですが、3バッグで1箱なので、こちらも捨てやすいですね。

●試してみませんか
水10リットルは10キロです。たかが数リットルの差ですが、10キロを切るボトルを持ってみると世界観が変わります。ウォーターサーバーの利便性にも気づくことができますよ。その違いをぜひ試してみてください。

関連記事

Copyright© 2011 使いやすいウォーターサーバーはココ! All Rights Reserved.